結婚前にお金の話はしておくべき?

現在30代半ばで働きながら主婦です。

私は周りより結婚したのは遅い方でした。入籍をしてまだ1年もたっていません。社会経験を経ての30歳過ぎてからの結婚でしたが恥ずかしい事に私の貯金額は0円でした。

少しくらいあったでしょう?と思われるかもしれませんが本当に降っても飛んでもお金は無い状態の貯金0円で入籍をしました。夫となった彼の貯金額は結婚が決まった時点では、100万弱でした。

結婚の話が出てからは二人とも実家暮らしが長かったのもあって結婚費用に関して執拗に調べました。調べて統計データや皆の結婚資金の平均額を見ては落胆し不安を抱えていたのもです。

結婚したいけれどお金がもっとなければ結婚できないんじゃないかという焦りもあって、何度も結婚に関しての話し合いでは彼とケンカをしました。けれど今となってはケンカしておいて本当に良かったと思います。夫婦間でお金の話をするという事がとても大切だという事。結婚してからは生活が忙しく過ぎていきます。その中でなかなかお金の話をゆっくりする時間が取れません。けれど入籍前のお金のケンカがあってこそお金に対する姿勢のベースは二人一緒だと今は安心する事が出来ています。

お金の話は下品な話と言われていて確かに他人とする話ではないと思います。けれど家族でお金の話はとても大切な事です。生活や将来に必要なお金は夫婦の共有資産ですよね。

そして私達夫婦が一番大きなケンカをしたのは結婚式を挙げるか否かという事でした。家庭の事情もあって私は特に希望はしていませんでしたが、彼は挙げたい気持ちが強かったのです。結果的には式は挙げずに家族・友人達には報告だけして入籍をしました。

結婚式は賛否両論あると思いますが、挙げない事を選んだ私達は気持と時間に余裕を持って新婚生活を始める事が出来ました。結婚式や指輪に強いこだわりを持たなけらば結婚式は抑えることが出来ます。

ただ必要で最低限かかってしまうのが住居費でした。実家暮らしの二人だったので家具も部屋も全部一式0からのスタート。かかる費用も大きかったです。

部屋の契約金+家具など合わせて総額80万円くらいかかりました。なので入籍直後には家庭の貯金額は約20万円でした。貯金は一気に減ってしまったけれど二人とも仕事をして収入があったので毎月の生活に困るといったことはまだありません。それにまた入籍を機に気持ちを一新して貯金を頑張ろうとも思えています。

元々どちらかが一人暮らしをされている場合などは私達よりも、もっと費用を抑えられるかもしれませんし一言で結婚資金といっても夫婦の形によって全然違ってくるものだと感じました。ライフスタイルによっても違いますし、新婚旅行も式も挙げたい指輪も好きなデザイナーの物が欲しい、とたくさんのこだわりがあればそれだけ結婚資金も必要になってきますよね。

自分達に最低限必要な物にかかる資金と、プラス1、2か月分ぐらいの生活費を先に用意できていれば新婚生活を送る為の気持ちに余裕も持てるかなとも思います。調べてみるのは参考程度にするだけのほうが良いと思います。調べて情報に心を乱されないように自分達に合った結婚資金を夫婦二人でしっかり話し合うことをお勧めします。