翻訳会社もクラウドソーシング

昨日テレビでやってましたが、今、クラウドソーシングが流行っています。つまり自宅にいながら仕事ができる。サラリーマンの副業としても会社に見つからずにこっそりできます。ライティングやデザイン、ウエブ制作、テープ起こし、翻訳といったような仕事があるようです。私の短大時代の友達は自宅で翻訳をやっていて毎月20万円以上の手取りになっているそうです。聞いてみると作業時間は1日平均3時間程度とのこと。私は毎日通勤含めて10時間以上拘束されて同じくらいしか稼げません。ということは私って効率が3分の1?というか3倍非効率なんだわ。
考えてみると私が以前付き合っていた彼は自分で翻訳会社を立ち上げて、今はすごく成功して神田に自社ビル建てたという話を聞いたことがあります。これから東京五輪に向けて、外国人のインバウンドは増え、翻訳や英文校正に対するニーズというのはますます増えてくることが予想されます。
実際、日本に翻訳会社、翻訳業務を主とする会社はどのくらいあるのか調べて見ました。翻訳業者一覧をまとめたサイトがこちらです。
翻訳会社のサイト
600社くらいあるのかなぁ。こういった会社がクラウド上でフリーの翻訳家を集めているのだと思います。私はTOEIC890点ですのでそこそこ使えると思うのです。これは今務めている会社がTOEIC高得点ホルダーをキャリア上優遇するという方針を発表してからやる気になって猛勉強して取得したものなのです。でも今の会社は辞められないのでしばらくは副業でがんばろう!